​愛媛県松山市の音楽教室です 体験レッスン受付中

鬼あられ

小学5年生のMちゃんが練習中の曲は

湯山昭作曲『お菓子の世界』より 鬼あられです。

今から45年ほど前に出版されたピアノ曲集です。

クラシックの世界では45年前なんて、さほど前じゃないですよね😅

私が湯山昭さんを知ったのは、小学校6年生の時です。

当時合唱部に所属していた私。

全国学校音楽コンクールに出場するための自由曲を、先生があれこれと聴かせてくださった中の一曲が『四国のこどもうた』より”四国囃子”でした。

これが、それまでに聴いたことも歌ったこともないような、メロディーと歌いまわしでワクワクしたのを覚えています。

その曲を自由曲にして、なんと全国二位の成績を収めました✊

ピアノを教えるようになってからも、湯山昭さんの曲は大好きで、生徒さんにもよく弾いてもらいます🎹

『お菓子の世界』にはその名の通り、お菓子に因んだ曲が、序曲・間奏曲・終曲を含め26曲収められています。

Mちゃんが練習中の”鬼あられ”は、アレグロ・スケルツァンドとあるように、軽快でふざけた感じに・・・仕上げたい曲です。

そのためには、地道な練習が必要になります。

リズム・アーティキュレーション・黒鍵上での素早い動き…

左手の刻みは打楽器のように正確に!

そのために、メトロノームを使いひたすら刻みの練習。

Mちゃん、私の意図をしっかりくみ取り地道な練習をしてくれているのが、レッスンでよく分かります✨

嬉しいです❣️

この調子で頑張って✊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA